FXを始めよう!その5:XMで口座開設する方法とは?

大好評のFXを始めようシリーズも今回で第5段となりました。

前回はFXを始めるにあたって口座を開設する必要がありますが、どこの業者の口座を開設するのが良いかということで、XMをおすすめしていきました。

今回は、そのXMの口座を開設する方法をお伝えしていきます。

 

XMの口座を開設する

まずは、以下のリンクをクリックしてXMのリアル口座開設ページを開いてください。

↓↓↓

リアルFX取引口座を開設する

 

リアル口座の登録 1/2

「リアル口座の登録 1/2」というページが開かれますので、必要事項を入力します。

個人情報

個人情報の部分にあなたの情報を記載してください。

下のお名前

姓名の「名」の部分をローマ字で記入してください。

(例)の場合だと「Taro」です。

あなたの名を記入してください。

姓名の「姓」の部分をローマ字で記入してください。

(例)の場合だと「Yamada」です。

あなたの姓を記入してください。

居住国

あなたが住んでいる国を選択してください。

日本に住んでいる場合は「Japan」を選択します。

希望言語

あなたが日常で使用している言語を選択してください。

日本語がもっとも得意な言語であれば、日本語を選択してください。

電話

電話番号を記入します。

最初から「+81」と記入されていますが、そのうしろに電話番号を記入します。

+81とは日本を表す国番号です。

+81のあとに自分の電話番号の最初の「0」を外した状態の電話番号を記入してください。

例でいうと、090-1234-5678という携帯電話の番号の場合、+819012345678と記入します。

また、011-123-456という固定電話の場合、+8111123456と記入します。

Eメール

普段使用しているメールアドレスを記入してください。

また、Eメールの横に赤マルに「i」のマークがありますが、ここにマウスポインターを当てるとこのような注意書きが表示されますので、読んでみてください。

 

取引口座詳細

こちらは取引プラットフォームタイプと口座タイプを選択する欄になります。

取引プラットフォームタイプ

ここでは取引に使用するプラットフォーム、すなわち取引アプリにMT4を使用するか、MT5を使用するかを選択します。

MT4、MT5についてはいずれ当ブログでも解説していきますが、特別な使用方法を考えていなければMT4の方を選択してください。

MT5の方が数字が後だからバージョンが新しいのですが、実はMT4が爆発的に普及したにも関わらず、MT5はあまり普及していないのです。

なぜかというと、MT4で使用していたインジケーターなどをMT5で使用することが出来ません。

そうなると、MT4で愛用のインジケーターやEA(エキスパートアドバイザー)がある場合、MT5では互換性がないため、同じ環境を構築すること難しいのです。

そういった理由からMT5はなかなか普及していないという現状があるため、わざわざ普及していないMT5を使う必要もないでしょう。

なので、MT4を選択する方が良いということになるのです。

口座タイプ

 

口座タイプは「スタンダード」「マイクロ」「XM-Zero」の中から選んでいきます。

各口座の比較は上記の通りです。

マイクロ口座は

 

上記の入力が終わったら「ステップ2へ進む」ボタンを押して、次のページに進んでください。

 

リアル口座の登録 2/2

「リアル口座の登録 2/2」というページが開かれますので、続けて必要事項を入力します。

ひとつずつ見ていきましょう。

個人情報

個人情報の部分にあなたの情報を記載してください。

下のお名前(全角カナ表記)

姓名の「名」の部分を全角カナで記入してください。

(例)の場合だと「タロウ」です。

あなたの名を記入してください。

赤マルに「i」のマークの内容は以下となります。

銀行の利用明細書に記載されている通りに入力してくださいということが書かれていますので、そのように記載してください。

姓(全角カナ表記)

姓名の「姓」の部分を全角カナ表記で記入してください。

(例)の場合だと「ヤマダ」です。

あなたの姓を記入してください。

こちらの赤マルに「i」のマークも姓のものと同じ内容となります。

生年月日

生年月日を入力します。

日・月・年の順番に記入してください。

住所詳細

こちらは住所の詳細を記入していきます。

住所

住所を入力します。

ここが1番の迷いどころだと思います。

住所の記入は日本式の書き方ではなく、海外式の書き方をしなければなりません。

上記の例では、以下の住所を記入しています。

〒003-0001
北海道札幌市白石区東札幌1条1丁目1-1 〇〇マンション101号室
番地・部屋番号のところは最大16文字までなので、マンション名は省略します。
また、ヒントに記載されているように、後ほど提出する確認書類に記載されている住所と同一である必要があります。

納税義務のある米国市民ですか?

米国に納税義務がなければ「いいえ」を選択してください。

取引口座詳細

ここでは取引口座に使用する通貨やレバレッジ、ボーナスの有無を入力します。

口座の基本通貨

日本円を基本通貨としたい場合は「JPY」を選択してください。

「JPY」とは日本円の通貨コードのことです。

レバレッジ

レバレッジは「1:888」を選択しましょう。
最大レバレッジが888倍となります。
888倍にすると前回のXMの魅力でお伝えしたように、ボーナスのみでトレードすることが可能となります。
ゼロカットシステムがあるので、まずはボーナスだけでトレードしてみてはどうでしょうか。

口座ボーナス

口座ボーナスは「はい」を選択してください。

ここで「いいえ」を選ぶと、ボーナスがもらえなくなっていまいますので、ここは確実に「はい」を選択するようにしてください。

投資家情報

ここでは、あなたが投資に幾ら使用するのかや、投資の目的、学歴などを記入します。

投資額 (USD)

ここはあなたがFXに使用するであろうだいたいの金額を選択してください。

厳密な金額を書く必要はありません。

だいたいで大丈夫です。

ここは取引の目的を選択します。

これも投資にしておけば問題ありません。

雇用形態

雇用形態は、会社員などの場合は被雇用者を選択します。

職種

あなたの本業の職種を選択します。

ここもなんとなく当てはまりそうな職種を選択してください。

学歴

あなたの学歴を選択してください。

大学卒業の場合は学士を選択します。

所得総額(米ドル)はいくら位だと推定できますか?

あなたの所得総額を選択します。

純資産(米ドル)はいくら位だと推定できますか?

あなたが保有している純資産を選択します。

口座パスワード

口座にログインするためのパスワードを登録していきます。

口座パスワード欄には、小文字、大文字、数字の3種類の文字を含める必要があります。

最大15文字まで入力可能ですが、セキュリティのためになるべく15文字マックスまで使用しましょう。

そして予測不可能なランダムな並びの文字列のほうが良いでしょう。

パスワードに関してはランダムにすると覚えるのが大変なので、1Passwordなどのパスワード管理アプリを使用するなどして、できるだけセキュリティの高いパスワードを使うように心がけましょう。

1Password - Password Manager

1Password – Password Manager

AgileBits Inc.無料posted withアプリーチ

 

パスワードの確認

上記で決めた口座パスワードを再度入力します。

確認

残すところあと僅かです。

ここでは、ニュースレターの登録確認や、利用規約の確認をします。

ニュースレターなどの最新情報を受け取るか

利用規約の確認等

最後に利用規約等の確認を行います。

利用規約は細かい文字でびっしりと書かれているため、読まずに飛ばしてしまう人がほとんどだと思います。

大体の場合は読まなくても問題が発生することはないのですが、いざ何か問題が発生した場合は利用規約を読まなかったために泣き寝入りすることもあるかもしれません。

なので、できるだけ読むようにした方が良いですよ。

チェックボックスにチェックを付けて、「リアル口座開設」ボタンをクリックしましょう。

口座開設完了

以上のことを完了すると、次のページに移動します。

「おめでとうございます。」となれば口座開設が完了となります。

「次にすることは?」に従って口座を有効化していきましょう。

 

終わりに

いかがだったでしょうか。

海外業者なのに、驚くほど簡単に口座開設ができたと感じたのではないでしょうか。

住所のあたりで少し躓くかもしれませんが、手順通りにやっていけばものの15分もあれば口座開設完了まで辿り着けると思います。

さて、次回は実際に取り引きをするためのプラットフォーム、MT4(メタトレーダー4)の使い方について伝えていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

札幌でFXで稼いでいくために情報発信をしているiNaです。 日中はプログラマーとして働く兼業トレーダーです。 同じように働きながらFXを覚えて副収入を稼いでいきたい人を応援します! トレードスタイルはデイトレード~スイングトレード。 プログラマーのスキルを活かしてEAやインジケーターを自作するのが趣味です。