ダブルトップ・ヘッド&ショルダーとは?代表的なチャートパターン

FXをやっていると必ず目や耳に入るのは、チャートパターンという言葉です。

 

特に、ダブルトップ・ダブルボトム・ヘッド&ショルダーという用語は必ずと言っていいほど出てくる言葉です。

 

しかし、これらの用語は聞いたことがあるものの、実際にトレードに活用するにはどうすればいいのかわからないという人が多いのではないでしょうか。

 

ダブルトップ・ダブルボトム・ヘッド&ショルダーは高値圏・安値圏のトレンド転換のきっかけとなりやすいチャートパターンです。

 

また、これらのチャートパターンを確認してからエントリーを仕掛けることで、トレンドの始まりのうちから乗ることが可能なのです。

 

今回は、代表的なチャートパターンのダブルトップ・ダブルボトム・ヘッド&ショルダー・逆ヘッド&ショルダーを覚えてもらい、それが出た場合にどのようにトレードに活かすのか。

そして、一体なぜチャートパターンが発生するのか、ということがわかればFXを有利に進めていくことも可能ですので、それらもお伝えしていきたいと思います。

 

ダブルトップ・ダブルボトム

ダブルトップ・ダブルボトムは、相場の高値圏・安値圏で発生する代表的なチャートパターンです。

 

下の図がダブルトップです。

高値圏で発生すると、上昇トレンドから下降トレンドに転換しやすい傾向があります。

 

対して、下の図がダブルボトムです。

 

こちらは安値圏で発生すると、下降トレンドから上昇トレンドに転換しやすい傾向があります。

 

また、下の図の赤線をネックラインといいます。

ネックラインは、ダブルトップの場合はふたつの山の麓の部分に引くことができます。

ダブルボトムの場合は、ふたつの谷の入口部分に引くことができます。

 

ネックラインはとても意識されやすいポイントとなりますので、ダブルトップ・ダブルトップ発生の際には、必ずラインを引くようにしましょう。

 

下の図はダブルボトムの実際のチャートです。

 

 

○で囲った部分がダブルボトムを形成しており、赤い水平線がネックラインです。

 

ダブルボトム発生後に大きく上昇しているのがわかります。

 

ですが、注目すべき点はネックラインです。

 

ダブルボトム形成後、一度価格を上げていますが、一旦ネックラインに価格が押してきているのがわかると思います。

 

 

実は、この押し目が絶好のロングエントリーのポイントになるのです。

 

価格は必ずN字を描いて推移していきますので、ネックラインをブレイクして抜けたら、必ず押してくるのを待ってからエントリーを仕掛けることが重要です。

 

そうすることで、損切り位置に近いところまで引き付けてからエントリーを仕掛けることができます。

 

そうすると、もし思惑と反対方向に動いてしまった場合に、少ない損失で終わらせることができるのです。

 

 

ヘッド&ショルダー(三尊天井)・逆ヘッド&ショルダー(逆三尊)

ダブルトップにもうひとつ山が増えたパターンがヘッド&ショルダーです。

日本語では三尊天井と呼ばれています。

 

読んで字の如くなのですが、人間の両肩と頭に例えられています。

また、逆のパターンは逆ヘッド&ショルダーと言います。

日本語では逆三尊です。

なんともひねりのない名前ですが、こちらも良く出るチャートパターンです。

 

 

ヘッド&ショルダーの場合は想像しやすいのですが、肩と頭があるので、ネックラインとは読んで字の如く首元のラインのことを言います。

 

上の図でいうと、どちらも赤い水平線がネックラインとなり、ダブルトップと同じく注目されるラインです。

 

実際のチャートだと以下のようになります。

 

 

高値圏でヘッド&ショルダーが発生し、ネックラインを下抜けたと思いきや、一度ネックラインに戻りを付けて、本格的に価格が下落していっているのがわかると思います。

 

また、ヘッド&ショルダーの頭のポイントが頂点となりますが、その頂点を付けた波の左側の安値部分が「ラス押し」なので、ラス押しを下抜けるとアップトレンドが崩壊します。

 

つまり、ヘッド&ショルダーの右肩から価格が下落し、ラス押し(今回はネックラインも同じ位置)を下抜けた黒○のポイントでアップトレンドが崩壊します。

 

そして、その後ネックラインに戻りを付けてから更に価格が下落し、赤○部分を下抜けた段階でダウントレンドが完成してトレンドが転換しました。

 

 

今回の場合も、ネックラインブレイクで飛び乗りではなく、一旦戻りを付ける(ネックラインに引き付ける)のを待ってからエントリーを仕掛ける方が、損切り位置まで近くなるので、リスクリワードが良くなります。

上の図の場合の損切り位置は、右肩部分の上となります。

 

なぜチャートパターンが発生するのか

では、一体なぜチャートパターンが発生するのでしょうか。

チャートパターンというのは、相場心理がチャート上に具現化したものであると考えてください。

 

どういうことかというと、ダブルトップができる前の段階のチャートは下の図のようになります。

高値安値が切り上がっているので、誰がどう見てもアップトレンドですね。

その後、高値が確定して安値も確定、順調に切り上がりが続いてアップトレンドも継続しているのですが、次の高値が前回の高値を更新できず、同値くらいで折り返してしまいます。

 

そうすると、青○辺りの押し目でロングエントリーを仕掛けたトレーダーは焦り出します。

 

このまま順調にアップトレンドが継続していくと見てロングを仕込んだのに、高値更新せずに落ちてきたぞ・・・と。

 

その後、青○部分に価格が戻ってきてしまいます。

この時に青○でロングを仕掛けたトレーダーは損をしたくないという一心から、せめて建値で決済して損失を出さないようにしようという動きがでます。

 

買いの決済は売りなので、売りが売りを呼んで更に価格が下落します。

 

 

価格が大きく下落したところで、一旦値ごろ感が出てきて買いが優勢となり、価格が上昇してきます。

 

 

しかし、最初の青○部分でロングポジションを持っていたが、ダブルトップで価格が建値まで下落してきた時に決済できずに含み損を抱えたままになっているトレーダーが、まだまだ沢山いるのです。

 

そうするとどうなるかというと、利益を出すよりも損をしたくないというプロスペクト理論でも実証されている人間の心理が働きます。

 

損失からプラマイゼロまで価格が戻ってくると、良かった良かったと安心してそこで決済してしまうトレーダーが多数を占めてしまうのです。

 

すると当然のようにそこから再度価格は下落し、その過程でトレンド転換となって売り勢力が優勢となっていきます。

 

 

このように、チャートパターンが出来上がるメカニズムを理解していると、どこでエントリーを仕掛けるのが良いのかということが見えてきます。

 

まとめ

FXはゼロサムゲームです。

 

ゼロサムゲームということは、誰かの負けがあなたの勝ちとなるのです。

負け組トレーダーの屍を超えてゆかねば、勝ちはありえないということです。

 

それはつまり、負け組トレーダーのミスに乗じて勝ちを拾っていくということをしなければなりません。

人の不幸につけ込んで自分を幸せにしていかなければならないのです。

 

それを良しとするかしないかは人それぞれ考え方があるでしょうが、チャートパターンを紐解けば、負け組トレーダーの阿鼻叫喚の声が聞こえてきそうですね。

 

チャートパターンの有効活用方法とは、チャートパターンで負け組トレーダーの心理を読み解き、負け組トレーダーとは逆の行動を取るということですね。

これがよく言われる、FXで勝つには他の人と逆のことをしなければならないということなのです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

札幌でFXで稼いでいくために情報発信をしているiNaです。 日中はプログラマーとして働く兼業トレーダーです。 同じように働きながらFXを覚えて副収入を稼いでいきたい人を応援します! トレードスタイルはデイトレード~スイングトレード。 プログラマーのスキルを活かしてEAやインジケーターを自作するのが趣味です。