【FX動画解説】トレンドラインとチャネルラインで優位性の高いポイントでトレードをする方法

今日のポイント

  • トレンドラインを使ってトレンドの転換を察知する
  • チャネルラインで価格の行き先を予想する
  • チャネルライン上限反発後は、トレンドラインのブレイクを待つことで優位性を高める

 

2019年3月18日(月)に
アップした動画です。

 

 

ドル/カナダドルとユーロ/ドルの
2つの通貨ペアについて、
今週の予想を立ててみました。

 

どちらも波動の動きとしては、
先々週の第1波を受けて
先週価格が反転・第2波を形成している
状況でした。

 

ドル/カナダドル 4時間足チャート

 

ユーロ/ドル 4時間足チャート

 

 

どちらの通貨ペアも、
もう少しでダブルトップダブルボトム
完成しそうな状況です。

 

ドル/カナダドル

 

ユーロ/ドル

 

チャートパターンについては、
こちらの記事も参照してみてください。

【FX動画解説】チャートパターンでトレンド転換初期から乗っていく方法を解説!

2019年3月13日

 

チャートパターンが完成したら、
本格的に第3波が始まる可能性が
濃厚になります。

 

しかし、現在の状況は、
チャートパターンが
完成するかも知れない。

 

トレンド転換が発生して、
第3波が発生するかも知れない。

 

まだ「かも知れない」という
状況なのです。

 

 

 

つまり、今現在のこの状況から
エントリーを仕掛けても
優位性がないトレードになります。

 

優位性がない、
どっちに転ぶかわからないトレード。

 

それは、すなわちギャンブルなのです。

 

それでは、どうすれば
優位性の高いトレードが
できるのでしょうか。

 

今回は、トレンド転換がはっきりと分かって
優位性の高いトレードをするための、
トレンドラインの使い方について
お伝えしていきます。

 

トレンドラインの引き方

 

 

トレンドラインとは、
安値と安値を結んだ右肩上がりの斜線

または、
高値と高値を結んだ右肩下がりの斜線
のことを言います。

 

 

価格が上昇している時は、
安値同士を結んだ右肩上がりの
斜線を引きます。

 

 

上の画像の場合は、
①から②に向けて右肩上がりの
ラインを引いています。

 

すると、このトレンドライン上に
価格がタッチしては反発を繰り返している
ことがわかると思います。

 

 

 

逆に、価格が下落している時は、
高値同士を結んだ右肩下がりの
斜線を引きます。

 

 

上の画像の場合は、
①から②に向けて右肩下がりの
ラインを引いています。

 

すると、こちらもトレンドライン上に
価格がタッチしては反落を繰り返している
ことがわかると思います。

 

 

 

トレンドラインをブレイク

 

 

トレンドラインにタッチして、
価格が反転しては価格が戻るという現象を
何回か繰り返しました。

 

しかし、いずれ価格がトレンドラインを
突破する瞬間が訪れます。

 

このラインを突破したことを、
ブレイクと言います。

 

下の画像では、
○の位置で上昇のトレンドラインを
下にブレイクしています。

 

 

次の画像では反対に、
○の位置で下降のトレンドラインを
上にブレイクしています。

 

 

ブレイクしたあと、
価格はどうなっているでしょうか?

 

今まで価格が上昇だった場合、
トレンドラインをブレイクした後は、
一転、価格が下落していくのがわかりますね。

 

反対に、今まで価格が下落だった場合、
トレンドラインをブレイクした後は、
一転、価格が上昇していくのがわかります。

 

つまり、トレンドラインのブレイクは、
トレンドの転換を意味するのです。

 

2通貨ペア、その後の値動き

 

 

現在、動画を作ってから
22時間くらい経ちました。

 

ドル/カナダドルと、
ユーロ/ドルはどうなったでしょうか。

 

ドル/カナダドル

ドル/カナダドルは、
トレンドラインを抜けきれず、
少しの間、トレンドラインに沿って
価格が下落してきていました。

 

しかし、今の時間帯でトレンドラインブレイクを
試しているところです。

 

 

この4時間のローソク足が確定した時に、
トレンドラインを大きく上抜けていたら
ブレイク成功と判断できます。

 

逆に、ローソク足確定時に
ヒゲだけ上に残ってローソク足の実体が
トレンドラインの内側に戻っていたり、

実体の頭少しだけ
トレンドラインの外に抜けただけだとしたら
まだまだブレイクしたとは判断できません。

 

もう少し様子見をしましょう。

 

ユーロ/ドル

ユーロ/ドルは、
トレンドラインを抜けずに
こちらもトレンドラインに沿って
価格が上昇してきてしまいました。

 

 

しかし、もう少しチャートを広く見てみると、
面白いことがわかります。

 

チャネルライン

 

下の画像は、ユーロ/ドルの
4時間足チャートを広く表示したものです。

 

まず、高値3点を結んだ
切り下げのトレンドラインを引きます。

 

 

そして、そのトレンドラインをコピーして
安値に当てると、そのラインにタッチして
価格が反発しているのがわかります。

 

この2本のトレンドラインのことを、
チャネルラインと言います。

 

現在のユーロ/ドルは、
このチャネルラインの中で
価格が行ったり来たりを繰り返している
ということがわかりますね。

 

では、ユーロ/ドルの現在の価格が
どこにあるかと言うと、
チャネルラインの上限付近にいます。

 

 

このことを踏まえて、
今後、どういう値動きが予想されるでしょうか。

 

優位性が高い方向を考える

 

まずひとつは、
これまで通りチャネルの上限で
価格が反落してくるパターンです。

 

 

現在、ユーロ/ドルの値動きは
上昇傾向にあります。

 

上昇傾向ということは、
価格が上昇する方向に
優位性がある状況となります。

 

上昇傾向にあるうちに、
前例があるとはいえチャネルタッチだけを
手がかりに ショート 仕込んでいくのは、
優位性が高いとは言えないのです。

 

それでは、
どうすればよいのでしょうか。

 

実はそのために、
トレンドラインがあるのです。(赤いトレンドライン)

 

 

チャネル上限にタッチして
価格が下がってきた場合、
トレンドラインを下にブレイクすることで、
下落する方向に優位性が出てくるのです。

 

 

何故かと言うと、
このトレンドラインは、
世界中のトレーダーが意識している
ラインだからです。

 

 

価格がこのトレンドラインを
下に割り込むと、
「チャネルの下限まで価格が下がる」
と考えるトレーダーが多数派となります。

 

だからこそ、
ショートエントリーをする人が
多くなって価格が下がっていく、
というメカニズムになります。

 

もうひとつは、
チャネルの上限をブレイクして
さらに価格が上昇していくパターンです。

 

 

チャネルの上限で反落することを
目論んでショートエントリーを
仕掛けていたトレーダーが多数いたとします。

 

 

しかしその時、大口の機関投資家などが
大量のロングポジションを仕込んできました。

 

 

そうなると、あっという間に
個人投資家のショートポジションを飲み込んで
チャネルの上限をブレイクしてしまいます。

 

価格がチャネル上限をブレイクしてしまうと、
チャネルの上限でショートポジションを
仕込んでしまった個人投資家の損切注文が
殺到します。

 

 

ショートの損切は ロング なので、
失敗トレーダーの損切を巻き込んで
価格が一気に上昇していくポイントでもあるのです。

 

だからこそ、チャネルの上限での反発を
拾う場合は、トレンドラインを下に
ブレイクしたのを確認してから
ショートを仕込んでいくということが
重要になります。

 

まとめ

 

 

それでは、今日のポイントのおさらいです。

今日のポイント

  • トレンドラインを使ってトレンドの転換を察知する
  • チャネルラインで価格の行き先を予想する
  • チャネルライン上限反発後は、トレンドラインのブレイクを待つことで優位性を高める

 

トレンドラインとチャネルラインを
使って、優位性の高いポイントで
トレードをするように心がけましょう。

 

そうすることによって、
勝率も上がってくることでしょう。

 

FXで勝つには多数派に
乗ることが大事です。

 

 

複雑なインジケーターなど使わなくても、
ラインを引くだけで、買いか売りか、
どちらに優位性があるのかということが
ある程度は判断ができます。

 

どちらに優位性があるかの判断ができれば、
あとは、どこのポイントで乗っていくかを
見極めて行けば良いでしょう。

 

トレンドラインや水平線の引き方について
もっと詳しく知りたい方は、
こちらの記事も参考にしてください。

FXを始めよう!その7:MT4でテクニカル分析をする方法

2019年2月28日

最後まで読んで頂き
ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

札幌でFXで稼いでいくために情報発信をしているiNaです。 日中はプログラマーとして働く兼業トレーダーです。 同じように働きながらFXを覚えて副収入を稼いでいきたい人を応援します! トレードスタイルはデイトレード~スイングトレード。 プログラマーのスキルを活かしてEAやインジケーターを自作するのが趣味です。