安全トレードのためのトレンド崩壊とトレンド転換の正しい知識とは?

FXで勝つにはトレンドに乗ること、いわゆるトレンドフォローをすることが大切である。

 

このような言葉をよく聞くと思います。

 

一方に動きやすいトレンド相場では、動いている方向に乗れば高確率で勝てるというのが一般的な考え方です。

 

それでは、そのトレンドとは一体どういったものなのでしょうか。

 

あなたはトレンドというものがどういう定義のものかを理解していますか?

 

今回はトレンドとはどういうものなのか、どうなったらトレンドと呼べるのかをお伝えしていきたいと思います。

 

トレンドとは

トレンドは日本語にすると『流行』ですね。

 

FXに限らず、トレンドという言葉はファッションやグルメ・スイーツなど、世の中の流行を表す言葉としても使われます。

 

それでは、FXにおけるトレンドとは何を意味しているのでしょうか。

 

相場の中には価格が上がるか・下がるかの2つしかないので、FXでトレンドと言えば『上昇トレンド』か『下降トレンド』しかありません。

 

アップトレンド』『ダウントレンド』という言葉も同じ意味なのですが、価格が上昇の一途を辿ること、もしくは逆に価格が下落の一途を辿ることをトレンドと言います。

 

トレンドの定義

それでは、具体的にどうなればトレンドと判断できるのでしょうか。

それについては、ダウ理論で明確に定義されています。

 

高値安値の切り上がりが継続していくのがアップトレンド

高値安値の切り下がりが継続していくのがダウントレンド

 

実際のチャートで見てみると、以下のように高値と安値が切り上がっているのがアップトレンドとなります。

 

 

逆に、以下のように高値と安値が切り下がっているのがダウントレンドとなります。

 

 

ダウ理論によるトレンド

ダウ理論によると、「トレンドは明確なシグナルが無い限り継続する」とあります。

 

一度トレンド入りを果たしてしまうと、長い間継続しやすい傾向にあります。

 

そのため、トレンドに乗って順張りでポジションを持っていけば高確率で勝ちやすいという理論が成り立つのです。

 

したがって、トレンドを正しく読むスキルは、トレードで安定して勝ち続けるためには必須のスキルということになります。

トレンド崩壊の明確なシグナル

ダウ理論の言う「トレンドは明確なシグナルが無い限り継続する」の明確なシグナルとは、どのようなシグナルのことを言っているのでしょうか。

 

それについて、ダウ理論では以下のように定義されています。

最安値を付けた戻り高値を上抜けた場合

最高値を付けた押し安値を下抜けた場合

 

実際のチャートで見てみましょう。

 

上のチャートの最安値とは、青い線の部分です。

その最安値の戻り高値とは、赤い線の部分です。

 

では、その戻り高値を上抜けた部分はどこになるでしょうか。

 

戻り高値の位置から右側に線を引き、その線を明確にブレイクした赤マルの位置で左側のダウントレンドが崩壊したと判断することが出来ます。

 

逆にアップトレンドの崩壊の例を挙げてみます。

上のチャートの最高値とは、赤い線の部分です。

その最高値の押し安値とは、青い線の部分です。

では、その押し安値を下抜けた部分はどこになるでしょうか。

押し安値の位置から右側に線を引き、その線を明確にブレイクした赤マルの位置で左側のアップトレンドが崩壊したと判断することが出来ます。

 

これが、ダウ理論の言う『明確なシグナル』ということになります。

 

ちなみに節目を見る時に下の赤マルのような、陽線陰線が一本ずつしか出ていないようなところは無視してしまって問題ありません。

大事なのは、波をあまり細かく見すぎないようにすることです。

ある程度大きめに広く見るようにしましょう。

 

トレンド転換

あなたは、トレンド崩壊=トレンド転換と勘違いしていないでしょうか。

トレント崩壊とトレンド転換は別物です。

 

最安値を付けた戻り高値を上抜けた場合

最高値を付けた押し安値を下抜けた場合

これらはあくまでトレンドが崩壊してトレンドレスの状態に移行したことを示すものであって、トレンドが転換したということを示すものではないということです。

 

トレンド転換は、トレンドが崩壊→トレンドが発生というプロセスを踏んで、初めてトレンド転換と呼べるのです。

 

トレンド発生とは、高値安値の切り上がり、切り下がりが発生することが条件でしたね。

 

 

上のチャートで見てみると、最安値を付けた波の戻り高値を上抜けた青マルの部分でダウントレンドが崩壊しました。

そして、次の高値→安値と値動きが進み、赤マルを上抜けた時点でアップトレンドが確定します。

 

逆にアップトレンド→ダウントレンドのトレンド転換の場合、最高値を付けた波の押し安値を下抜けた青マルの部分でアップトレンドが崩壊しました。

そして、次の安値→高値と値動きが進み、赤マルを下抜けた時点でダウントレンドが確定します。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

 

トレンドを正しく読むことで、優位性の高いポイントでエントリーを仕掛けることが可能となります。

 

優位性の高いポイントでエントリーを仕掛けることができるということは、高い勝率を維持することが可能であるということを意味します。

 

あなたもポジションを持つ時に、今はどのトレンドにいて、価格はどっち方向に向かっているのかということを意識して、ロング・ショートを仕掛けるように心がけてみてはいかがでしょうか。

 

それを心がけるだけで、エントリー後に値動きが逆方向に進んでしまうということが極端に減るでしょう。

それはつまり、エントリーから利確までストレスなくトレードすることが可能になるということなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

札幌でFXで稼いでいくために情報発信をしているiNaです。 日中はプログラマーとして働く兼業トレーダーです。 同じように働きながらFXを覚えて副収入を稼いでいきたい人を応援します! トレードスタイルはデイトレード~スイングトレード。 プログラマーのスキルを活かしてEAやインジケーターを自作するのが趣味です。