サポレジラインの引き方と活用方法を解説!世界の多数派についていくための分析方法とは?

今日のポイント

  • 水平のラインには、サポートラインとレジスタンスラインがある。
  • サポートラインとレジスタンスラインはブレイクされるとその役割が逆転する。
  • サポレジ転換後に再度同じサポレジラインに価格が戻ってきたら、トレンドラインを引いて優位性の高いポイントでエントリーする

 

チャート 上に ライン を引いて
テクニカル分析 や トレード することを、
ライントレード と言います。

 

前回は トレンドライン と チャネルライン 、
つまり、斜めのラインについての
引き方や活用方法について
お伝えしました。

【FX動画解説】トレンドラインとチャネルラインで優位性の高いポイントでトレードをする方法

2019年3月18日

 

チャート上にラインを引くだけで、
トレンド転換 や優位性の高い目線の
見極めが可能であるということが、
おわかり頂けたのではないでしょうか。

 

しかし、ラインがトレンドラインと
チャネルラインだけかと言うと
そんな事はありません。

 

トレンドラインは斜めに引くラインですが、
その他に水平に引くラインもあります。

 

 

水平に引くラインのことを、
サポートライン
レジスタンスライン と呼び、
その2つを合わせて サポレジライン と呼びます。

 

今回は、サポレジラインについて、
ラインの引き方と活用方法を
お伝えしていきたいと思います。

 

水平線の引き方

 

まず、水平線の引き方についてです。

 

水平線はチャート上で
節目をつけているところを見つけて引く
たったそれだけです。

 

コツとしては、
なるべく多く当たって反転している
ところを探して引いてください

 

 

チャートに水平線を引いてみました。

 

一本の水平線に
価格が何回もタッチしては
反転しているのがわかると思います。

 

下の画像のように、
まずは現在価格の上と下の節目を目掛けて
水平線を2本引いてみましょう。

 

 

 

サポートラインとは

 

 

現在価格より下の水平線を
サポートラインと言います。

 

赤○が現在価格なので、
下の赤い方の水平線がサポートラインです。

 

 

サポートラインは、
別名、下値支持線とも言います。

 

相場が下降局面にある時に
サポートラインまで価格が下落すると、
多くのトレーダーがそのラインを支持するため、
価格が反転します。

 

トレーダーがラインを支持するとは
どういうことでしょうか。

 

それは、サポートラインまで価格が
下落してきたらロングエントリー
しようと待ち構えているトレーダーが
多くいます。

 

それらのトレーダーが買いに走るため、
価格がサポートライン付近で反転して
上昇していくのです。

 

つまり、そのサポートラインを
多くのトレーダーが支持して
ロングエントリーをするため、
反転するということになります。

 

レジスタンスラインとは

 

 

現在価格より上の水平線を
レジスタンスラインと言います。

 

上の青い方の水平線がレジスタンスラインです。

 

 

レジスタンスラインは、
別名、上値抵抗線とも言います。

 

相場が上昇局面にある時に
レジスタンスラインまで価格が上昇すると、
多くのトレーダーがそのラインで抵抗するため、
価格が反転します。

 

トレーダーがラインで抵抗するとは
どういうことかというと、
サポートのときと同じ意味合いですね。

 

レジスタンスラインまで価格が
上昇してきたらショートエントリー
しようと待ち構えているトレーダーが多くいるのです。

 

それによって、価格が反転下落してきます。

 

サポレジラインブレイク後は機能が逆転する

 

 

それでは、価格は永遠にサポートラインと
レジスタンスラインの間を
行ったり来たりするのかというと、
もちろんそんな事はありませんね。

 

トレンドラインでもそうだったように、
いつかはブレイクされる時がやってきます。

 

サポートラインでもレジスタンスラインでも、
そこで待ち構えているトレーダーは
数多くいますが、それは何も反転を狙う
トレーダーばかりではありません。

 

価格が下落してきたらサポートラインで
更なる下落を狙ってショートを仕込んでいく。

 

価格が上昇してきたらレジスタンスラインで
更なる上昇を狙ってロングを仕込んでいく。

 

そう考えるトレーダーもまた、
数多くいるのです。

 

 

それでは、反転を狙う人より
ブレイクを狙う人の方が多かった結果、
価格がサポレジラインをブレイクした場合
どういうメカニズムが働くのでしょうか。

 

実は、ブレイクされたレジスタンスラインは、
その後サポートラインとして機能するという
特性があるのです。

 

 

上の画像では、
価格がレジスタンスラインを
ブレイクして上昇して行きました。

 

サポレジラインをブレイクすると、
そこでブレイクを狙ってロングを
仕掛けたトレーダーたちの他に、

レジスタンスラインで反発を狙って
ショートを仕掛けていたトレーダーたちの
悲観の損切注文が殺到してきます。

 

 

ショートの損切はロングであるため、
大きく価格が上昇していきます。

 

しかし、ある程度まで価格が上昇すると、
上昇幅が大きかった分、売りが優勢となり、
一旦価格が下落してきます。

 

 

 

そして、元々レジスタンスライン
だったラインまで価格が下落してきました。

 

すると、元々レジスタンスライン
だったラインはサポートラインとして
機能して、価格が反転再上昇していきました。

 

 

これにも
もちろん理由があります。

 

一度レジスタンスラインをブレイクして
価格が上昇すると、上昇トレンドとなっている
ことが多いのです。

 

上昇トレンドなので、
明確なシグナルが出るまでは、
価格は上昇を続けることになります。

 

トレンドについてはコチラを参照してください。

安全トレードのためのトレンド崩壊とトレンド転換の正しい知識とは?

2019年3月4日

 

上昇を続ける可能性が高いということは、
青のレジスタンスラインまで
価格が押してきたとなると、
絶好のロングエントリーポイントになります。

 

つまり、ブレイクされた
レジスタンスライン付近で
ロングエントリーをしようと
待ち構えるトレーダーが多くなるのです。

 

 

そういう理由で、
ブレイクしたレジスタンスラインは
その後サポートラインとして
機能していくのです。

 

逆もまた同じで、
ブレイクしたサポートラインは
その後レジスタンスラインとして
機能していきます。

 

サポレジラインを活用

 

 

これらのことを踏まえると、
サポレジラインを活用した
トレード方法が見えてきます。

 

 

 

上の画像は、
先程から載せている
画像の赤のサポートラインを
消したものです。

 

赤○部分を見てください。

 

左側は、価格が下落して
青のラインをブレイクしたあと、
左の赤○部分に 戻り目 をつけて
再度下落しています。

 

価格が上から下にブレイク
しているので、ブレイク前の青いラインは
サポートラインで、ブレイク後は
レジスタンスラインに転換します。

 

右側は、価格が上昇して
青のラインをブレイクしたあと、
右の赤○部分に 押し目 をつけて
再度上昇しています。

 

こちらは、価格が下から上に
ブレイクしているので、

ブレイク前の青いラインは
レジスタンスラインで、
ブレイク後はサポートライン
となります。

 

 

しかし、トレンドラインの記事でも
お伝えしましたが、
サポレジラインにタッチしただけでは
優位性の高いトレードができません。

 

なので、タッチ後レジスタンスされて
価格が反発したということ明確にするため、
下の画像のようにトレンドラインを引きます。

 

 

このトレンドラインをブレイクしたときに
初めてエントリーすることができるのです。

 

まとめ

 

 

今日のポイントをおさらいしましょう。

今日のポイント

  • 水平のラインには、サポートラインとレジスタンスラインがある。
  • サポートラインとレジスタンスラインはブレイクされるとその役割が逆転する。
  • サポレジ転換後に再度同じサポレジラインに価格が戻ってきたら、トレンドラインを引いて優位性の高いポイントでエントリーする

 

いろいろなトレーダーたちの意見を
聞いていると、最も信頼できる
テクニカル分析ツールはサポレジライン
という人が多数います。

 

ということは、
サポレジラインを使って
トレード戦略を立てる人が
多くいるということを意味します。

 

FXは世界中のトレーダーの
多数派についていくことが
勝つための秘訣です。

 

それはつまり、
サポレジラインを見極めることが
世界の多数派についていくという
ことを意味しているのです。

 

MT4で水平線を引く詳しい方法は
コチラを参照してください。

FXを始めよう!その7:MT4でテクニカル分析をする方法

2019年2月28日

 

最後まで読んで頂き
ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

札幌でFXで稼いでいくために情報発信をしているiNaです。 日中はプログラマーとして働く兼業トレーダーです。 同じように働きながらFXを覚えて副収入を稼いでいきたい人を応援します! トレードスタイルはデイトレード~スイングトレード。 プログラマーのスキルを活かしてEAやインジケーターを自作するのが趣味です。