FXは値動きの『波』に乗ることが重要!現在の波動から近い将来の値動きを予測する方法とは!?

今日のポイント

先週のドル円で勝つためには、
現在が第何波なのかを見極めることが
重要だった。

第何波なのかを見極められたら
目線をどっちにするかが見えてくる。

 

2019年4月第2週目のドル円の
値動きを振り返ってみましょう。

 

ドル円は前回の記事でお伝えしたように
3月はハーモニックのチャネルライン上で
動いていましたね。

 

3月のドル円はチャートパターンのオンパレード!頭からシッポまで根こそぎ取るためのハーモニックパターンとは?

2019年4月3日

 

その後、4月第1週、第2週でどのような
チャートを築いていったのでしょうか。

 

ドル円振り返り

 

 

4月に入って、チャネルラインの
上限を少しオーバーシュートしました。

 

 

しかし、再度チャネルライン上に
価格が戻ってきたので、
このままチャネルの下限を試すのかと
思われた方も多いかも知れませんね。

 

 

ところが、チャネル上限付近で
再度反転してチャネルラインを
大きく上抜けて週が終わりました。

 

 

これは、波の数え方を知っていれば
ある程度の予想が立てられた場面でも
あります。

 

2019/03/05の年初来最高値から
2019/03/25までの下落トレンドの
5波が発生しており、これが現在の
上昇に対する「親波」と考えられます。

 

現在の価格が、親波の上限または下限を
ブレイクしていくまでは、この親波の
支配下で値動きをしていると考えることが
できます。

 

親波の第5波がチャネルラインの下限で
終了しているのがわかると思います。

 

第5波が終了したので、
今度は価格が反転して
上昇の第1波が発生しました。

 

そして、親波のラス戻りのラインも
ブレイクして価格が上昇したので、
親波の下降トレンドも一緒に崩壊しましたね。

 

 

上昇第1波が出たということは、
第2波、第3波と続いていくと
考えた方が良いでしょう。

 

つまり、チャネルライン下限に
価格が向かっていくというのは
考えにくい状況になったと捉える
べきなのです。

 

その後、第2波が発生しました。

 

 

 

この時点で親波ラス戻りの水平線が
引けていたとすると、
下の画像のようになります。

 

 

親波のラス戻りの水平ラインに
キレイに押しを付けて反発していますね

 

また、フィボナッチを第1波に当てると、
第2波がだいたい50%付近まで 押し目
付けていることがわかります。

 

 

第2波は、第1波の38.2%~61.8%まで
押し目を付けてくることが多いのです。

 

以上の根拠により、
第2波の押し目候補としては
とてもわかり易い場面であったと
言えるでしょう。

 

第2波の下落にトレンドラインを引き、
そのトレンドラインを抜けたところで
第3波発生と判断して ロングエントリー を
仕掛けることが可能だったのではないでしょうか。

 

 

直近高値で利確すると、
だいたい70pipsくらいのトレードが
できたのではないかと思います。

 

月曜日からの展望

 

 

既に、第1波の高値を上抜けているため、
上昇トレンドが確定しています。

 

 

なので、ドル円は上目線で考えていくべき
状況となりました。

 

来週はこのまま今年の年初来最高値
超えるのか、そこで抑えられるかが
注目される点となるでしょう。

 

年初来高値を超えれば、
さらなる上昇が期待できる
局面となります。

 

もしも年初来高値を超えられずに
もたつくようであれば、一旦押し目からの
反発を狙うという戦略が立てられますね。

 

まずは年初来高値を目安に
トレード戦略を立ててみてください。

 

目安を設定することで、
そこまで待つことができるようになるでしょう。

 

まとめ

 

 

それでは、今日のポイントのおさらいです。

今日のポイント

先週のドル円で勝つためには、
現在が第何波なのかを見極めることが
重要だった。

第何波なのかを見極められたら
目線をどっちにするかが見えてくる。

 

目先のことにとらわれずに、
大きな周期で波を見る癖を付けましょう。

 

現在が第何波なのかがわかれば、
次にどういう値動きをするのか
ある程度の予想がつきます。

 

先週第1波が出ていたのであれば、
今週は第2波の押し目から
第3波が出るのを待ってトレードをする

 

これだけで、勝率の高いトレード
することが可能となります。

 

是非とも実践してみてください。

 

最後まで読んで頂き
ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

札幌でFXで稼いでいくために情報発信をしているiNaです。 日中はプログラマーとして働く兼業トレーダーです。 同じように働きながらFXを覚えて副収入を稼いでいきたい人を応援します! トレードスタイルはデイトレード~スイングトレード。 プログラマーのスキルを活かしてEAやインジケーターを自作するのが趣味です。