【FX動画解説】チャートパターンでトレンド転換初期から乗っていく方法を解説!

今日のポイント

  • 相場の反転を確信するためにはチャートパターンを見極める必要がある
  • エントリーには押し目を付けるのを待つのが大切
  • 1つのタイムフレームだけ見るのではなく、いろいろなタイムフレームを見る

 

2019.03.12(火) にアップした動画です。

 

豪ドル/ドルの エントリー について
解説しています。

 

 

今回は、この動画の内容の
補足説明をしていきたいと思います。

 

ヘッド&ショルダー(逆三尊)

 

豪ドル/ドルの 4時間足チャート で、
逆ヘッド&ショルダーが完成していました。

 

下の画像の黒い線の流れを
逆ヘッド&ショルダーと言います。

 

 

安値が①②③と、3つの谷を築いています。

 

逆ヘッド&ショルダーという言葉そのままに、
逆さまに、左肩 → 頭 → 右肩 のように見えますね。

 

 

このカタチが出現すると、
相場の流れが反転することが多いとされています。

 

画像の左側の部分は価格が
上から下に落ちていますよね。

 

逆ヘッド&ショルダーが出現すると
今度は相場の流れが反転して、
価格が上昇していくことが多いのです。

 

このように、
こういうカタチのチャートが出現すると
相場が反転しやすいというもののことを
チャートパターンといいます。

 

チャートパターンには、
ヘッド&ショルダーの他にも
ダブルトップダイヤモンドフォーメーション
など、固有名詞のついたモノが多数存在します。

 

 

チャートパターンについては、
過去にも解説しているので参考にしてみてください。

ダブルトップ・ヘッド&ショルダーとは?代表的なチャートパターン

2019年3月9日

ネックライン

 

 

また、逆ヘッド&ショルダーの
両肩と頭の根本を結んだ線をネックライン
呼びます。(下の画像の赤の水平線)

 

 

肩と頭、そして首。
まるで人間の身体ですね。

 

③の右肩部分からネックラインを
上抜けて行った時点を以て、
逆ヘッド&ショルダーの完成となります。

 

チャートパターンの完成を以て
初めて相場反転しやすい状態となりますので、
完成を待たずに動いてはいけません。

 

チャートパターンが完成していない内は、
まだまだ相場反転が起こらずに、
順行していく、つまり今回の場合だと
下落が止まらないことも考えられ得るのです。

 

ネックラインを抜けたらどうするか?

 

4時間足で価格がネックラインを抜けたら
1時間足や15分足などの短期足チャート
見てみましょう。

 

上の画像は、最初の画像と同じ部分を
1時間足チャート で描画したものです。

 

価格がネックラインを上抜けてから、
一旦、ネックラインまで再度価格が
下落しているのがわかると思います。
(赤○部分)

 

価格が下落しているので、
価格上昇を狙って ロング をするのは、
無理なんじゃないの?と思うかもしれませんね。

 

しかし、
この時こそロングエントリーをする
絶好のチャンスなのです!

 

押し目買い」という言葉を
聞いたことがあるでしょうか?

 

この、価格が上昇したところから
一旦 押し目 を付けた部分というのが、
実は絶好の買い場所なんですね。

 

つまり、ネックラインを上抜けたら
そこで飛び乗りエントリーをするのではなく、
一旦、押し目を付けるのを待ってから
エントリーするのがセオリーとなります。

 

他のタイムフレームを確認する

 

 

今回、僕は4時間足チャートで
逆ヘッド&ショルダーが出現したのを見て
上記のようにロングエントリーを仕掛けました。

 

しかし、1時間足を見ると、
なんと逆ヘッド&ショルダー完成よりも前に
ダブルボトムが出現していたのです。

 

 

ダブルボトムとは、
上の画像のようにほとんど同値の
2つの谷を作るチャートパターンです。

 

ダブルボトムも出現すると
相場の流れが反転することが多いと
されるチャートパターンなのです。

 

ダブルボトムもネックラインが引けるので、
ネックライン上抜け → 押し目を付けたところで
ロングエントリーを仕掛けることができます。

 

先程の逆ヘッド&ショルダーで
ロングエントリーを仕掛けることが
可能なポイントがココ↓

 

ダブルボトムでロングエントリーを
仕掛けることが可能なポイントがココ↓

 

4時間足だけではなく、1時間足をよく見て
1時間足のダブルボトムが見えていたら、
25pipsくらい早くエントリーを仕掛けることが
出来たということになります。

 

早くエントリーを仕掛けられるということは、
損切ポイントが近くなり
利確ポイントが遠くなるということを意味します。

 

今回の場合は、
1時間足のダブルボトムをエントリー根拠としていた方が
リスクリワードが良くなる、つまり、
ローリスク・ハイリターンになっていたということになります。

 

僕の場合は4時間足チャートをメインで監視していますが、
4時間足チャートだけではなく、いろいろなタイムフレームで
チャートを見ることが望ましいという実例でした。

 

まとめ

 

今回は、2019.03.12(火)の
豪ドル/ドルの逆ヘッド&ショルダーから
エントリーした際の着目点などを書いていきました。

 

こういうチャートパターンを知っているだけで、
エントリーするチャンスが格段に増えていきます。

 

なので、チャートパターンは
ぜひとも意識して探し出して、
積極的にエントリー根拠として
使うようにしたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

札幌でFXで稼いでいくために情報発信をしているiNaです。 日中はプログラマーとして働く兼業トレーダーです。 同じように働きながらFXを覚えて副収入を稼いでいきたい人を応援します! トレードスタイルはデイトレード~スイングトレード。 プログラマーのスキルを活かしてEAやインジケーターを自作するのが趣味です。