FXを始めよう!その2:副収入を得よう!オススメする副業とは?

前回は老後の安定のために
副業を始めましょうというお話でした。

 

今回は副業を始めるにしても
何をすればいいの?という
疑問を解決していきたいと思います。

 

副業にもいろいろありますが、
絶対にオススメしないものがあります。

 

まずは、やってはいけない副業というものを
知っておいてください。

やってはいけない副業

やってはいけない副業とは
一体何でしょうか。

 

それは時給労働のアルバイトです。

 

アルバイトをすれば、
働いた時間分は100%給料として
稼ぐことができます。

 

しかし考えてみてほしいのです。

 

副業でアルバイトをすると
いうことは、本業が終わった後や
本業が休みの日に労働をするという
ことになりますよね。

 

体力があり余っている若い時なら
まだ良いです。

 

しかし、30代も半ばから40代になってから
本業の合間を縫って時給労働など
しようものなら、心身ともに壊してしまう
危険性があります。

 

それで満足いくほど稼げるならまだしも、
せいぜい時給850円〜1,000円程度でしょう。

 

月に100時間働いたところで
100,000円ほどにしかなりませんね。

 

毎月100,000円もあればかなり違うと
思われるかもしれません。

 

しかし、本業で100時間残業したと
考えてみてください。

 

100時間といえばかなりの労働時間です。

 

本業で月20日間で毎日8時間
働いたとしたら160時間です。

 

100時間といえば、
月の労働時間の62.5%です。

 

厚生労働省は月80時間を超える残業を
続けると過労死の危険性が高まるという
発表をしています。

 

100時間というのはその時間を
優に超えています。

 

そう考えると、
時間も寿命も削りに削って
たかだか100,000円くらいしか
稼げないのがアルバイトである
ということになるのです。

 

時間の切り売りをやめる

まずはお金を稼ぐ=時間を切り売りする
という考え方をやめるところから
始めてみましょう。

 

せっかく副業に時間を費やす覚悟を
持ったのであれば、時間の使い所も
見直してみることが大切です。

 

基本的な考え方として、
「労働時間」というものを極力減らす、
もしくは長期的に見て減らしていく
言うことが重要な要素となってきます。

 

そうでないと、
本業で消耗して、更に副業でも
消耗してしまうことになります。

 

大きく稼ぐためには、
稼ぐための仕組みを作ることが重要です。

 

オススメする副業

それでは、稼ぐための仕組みを
作りやすく、長期的に見て時間の
縛りから開放されるオススメの
副業は一体何があるのでしょうか。

 

ひとつずつ見ていきましょう。

物販

せどりや輸出入など、
モノを仕入れて売るという
ビジネスの基本中の基本です。

 

ヤフオクで仕入れて
Amazonで売る。

日本Amazonで仕入れて
米国AmazoneBayで売る。

逆に中国のタオバオ
百度(バイドゥ)などで仕入れて
日本Amazonで売る。

 

方法は様々あります。

 

物販の場合、
在庫を仕入れたのは良いけど、
売れ残ってしまって在庫を抱える
というリスクが想定できます。

 

しかし、近年では無在庫販売という
手法も確立してきており、
在庫リスクを減らすことが可能です。

 

無在庫販売とは売れてから
仕入れをするという手法です。

 

普通は仕入れをしてから売ると
いう方法が一般的です。

 

しかし無在庫販売は、
売れてから仕入れをするため、
在庫を抱えるリスクが限りなく
低くなるのが特徴です。

 

ただし、無在庫販売は仕入れ管理
重要な要素となります。

 

どういうことかと言うと、
先に売れてしまうため、仕入れが出来ないと
キャンセルとなってしまいます。

 

つまり、売買が成立したにもかかわらず、
仕入れが出来ないとキャンセルせざるを得なく
なってしまいます。

 

お客さんからしてみると、
売っているものを買って楽しみに
していたのに、売る側の都合で
キャンセルにされてしまうことに
なるのです。

 

そうなると、自分自身の信用に
キズが付くことになりかねません。

 

Amazonに出店してそのようなことが
起こると、最悪の場合、
アカウント停止の憂き目に合うことでしょう。

 

また、売れてから仕入れるため、
購入者の手元に届くまでにどうしても
時間がかかってしまいます

 

その点においては有在庫販売よりも
遅れを取ることになってしまいますね。

 

しかし、物販ビジネスは多くの
自動化ツールが販売されています。

 

もちろんコストは掛かりますが、
品物の検索や在庫管理、商品の発送まで
自動化が可能なのです。

 

本人は売れそうな商品をツールで
検索するだけでOKという環境が
割と簡単に作れてしまいます。

 

そういった意味では、
物販は時間に追われない
ビジネスモデルになる可能性を
秘めているのです。

 

ブログ

ブログ記事は資産となります。

 

良質な記事を蓄積していくことで、
その記事自体が稼げるページ
なるのです。

 

どうやって稼ぐのかというと、
ブログ記事に広告を貼るのです。

 

記事が見られれば見られるほど、
記事を見に来てくれたユーザーが
広告を通して商品を買ってくれやすく
なるのです。

 

そうすることで、
商品購入の紹介料ということで
お金を稼ぐことができます。

 

これをアフィリエイトといいます。

 

ブログは読まれるようになるまで
半年から1年、長い場合だと2年3年の
スパンで考えなければなりません。

 

もちろん読まれるようになるまでは
収入はゼロに等しいと考えた方が
良いでしょう。

 

しかも記事は量産し続けなければ
ならないので、最初のうちは誰も
読んでくれない記事をコツコツと
作り続ける必要があります。

 

そんな状況下でブログを
書き続けられる人はなかなかいないのが
現実で、最初のうちに挫折して
やめてしまう人がほとんどなのです。

 

しかし、その時期を耐え抜いて記事を
読んでくれるお客さんを集めることが
できたならば、それまで書き溜めてきた
記事が資産に化けることになります。

 

そうなってしまえば、
寝ていてもお金を生んでくれるように
なるのです。

 

あなたが忍耐強くブログを
書き続けられれば2年後・3年後に
あなたのブログ記事は
あなたが寝ていても
自動的に稼ぎ続けてくれる
資産となるのです。

 

投資

投資にもいろいろあります。

 

投資信託・株式・先物・バイナリー・
仮想通貨、そしてFXです。

 

投資信託は銀行で金融商品として
よく売られていますね。

 

しかし運用はすべて銀行任せなので、
増えるのか減るのか自分で
コントロールできません。

 

そして、利回りが低いので
大きく稼ぐことはできませんね。

 

株式は自分の好きなように
売買できますが、相場が開いている時間が
平日の午前9時から午後3時までです。

 

平日の日中に働いている人には
難しい時間帯でしか取引をすることが
できないのです。

 

その点、仮想通貨は24時間365日
ずっと取引可能なので、
仕事から帰ってきてからや
休日の間でも自由に取引が可能です。

 

しかし、2019年現在、
仮想通貨市場はお通夜状態となっています。

 

何があったかと言うと、
2017年の年末から2018年の正月明けまでは
大きな盛り上がりを見せ、
バブル化していた仮想通貨市場ですが、
2018年1月にCoincheckという
日本の仮想通貨取引所が、
仮想通貨の『NEM』(ネム)を大量に
ハッキングされて盗まれるという事件を
起こしてしまいました。

 

それがきっかけで、
広く一般に、仮想通貨市場は
まだ成熟しておらず、
危険な投資であるということを
知らしめてしまったのです。

 

その後、ビットコインやリップル等
主要仮想通貨も軒並み価格が
大暴落
してしまい、まさにバブル崩壊
様相を呈してしまいました。

 

今や取引総額がピークの
10分の1程度にまで落ち込んでしまい、
2019年2月現在に至るまで価格が戻る
好材料もなく、そのくせ値動きも
荒くて読みにくい
ため、
素人が手を出しにくい投資に
なってしまいました。

 

忙しいビジネスパーソンでもできる投資とは?

では、日中に仕事をしていてなかなか
時間のとれないビジネスパーソンが
できる投資はないの?と考えたと思います。

 

そこで、当ブログ『札幌FX』がオススメする
副業はいったい何か!?
ということを満を持してお知らせします!

 

もちろんFXですねw

 

次回、FXを始めようシリーズ第3回目!
FXが副業に最も適している理由をお知らせ
いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

札幌でFXで稼いでいくために情報発信をしているiNaです。 日中はプログラマーとして働く兼業トレーダーです。 同じように働きながらFXを覚えて副収入を稼いでいきたい人を応援します! トレードスタイルはデイトレード~スイングトレード。 プログラマーのスキルを活かしてEAやインジケーターを自作するのが趣味です。