FX初心者は勝つことよりも資産を減らさないことが重要!破産しないためのリスクリワードの考え方とは?

今日のポイント

  • 初心者の内は、勝つことよりも資産を減らさないことが重要
  • 資産を減らさないために、リスクリワードを11以上に保つ
  • リスクリワードを11以上に保つには、損切りポイントまで価格を引き付けてからエントリーを仕掛けることが大切

 

FXって初心者の内はなかなか安定して
勝てませんよね。

 

勝率を高くすることに躍起になって、
高額なFX商材をあれこれ買っては
うまく稼げない。

 

それでも次の高額商材を買っては
うまく稼げない、という負の永久ループに
陥っている人もいるのかも知れません。

 

 

FXにおける重要な考え方として
資産を減らさないというものがあります。

 

大半の人が資産を増やすために
投資・FXをやっていますよね

 

資産を増やすためにFXをやっているのに、
資産を減らしてしまっては
FXをやる意味がないと思われるかも知れません。

 

ですが、初心者の内から
いきなり勝ち続けるなどということは、
一部の天才を除いて不可能です。

 

何でも同じですが、
一つのことが上手になるまでは
長い時間が必要です。

 

ボクシングを始めて間もない新人が
チャンピオン級の強者と戦っても
勝てる可能性は限りなく低いですよね。

 

 

 

FXでもそれと同じで、
初心者がいきなり勝ち続けられるほど
甘い世界ではありません

 

それでは、FXで安定して勝ち続けることが
できないのであれば、
初心者はどうすれば良いのでしょうか。

 

それは、なるべく資産を減らさないこと。
これに尽きると言えるでしょう。

 

今は初心者であっても、
長くFXを続けていくといずれ初心者から
中級者・上級者とステップアップしていきます。

 

 

初心者の内は、上級者になる前に
相場から退場しないということを
最も重要視するべきことなのです。

 

初心者の内は、
なるべく資産を減らさずに成長していく
という意識を持ちましょう。

 

それでは、資産を減らさないように
するにはどうしたら良いのでしょうか。

 

資産を減らさないようにするには、
リスクリワード』の考え方が
重要となってきます。

 

今回は、資産を減らさないようにするための
リスクリワードの考え方について
お伝えしていきたいと思います。

 

FXにおけるリスクリワードとは?

 

リスクリワードというのは、
1回のトレードで想定されるリスク(損失)
1とした場合に、リワード(利益)
いくつになるかということです。

 

例えば、損失を50 pips と想定した場合、
利益も50pipsと想定すると、
リスクリワード11ということになります。
スプレッド は除きます。

 

損失を50pipsと想定していて、
利益想定が100pipsだと、
リスクリワード12ですね。

 

逆に、損失が50pipsと想定していて、
利益の想定が25pipsだと
リスクリワード10.5になります。

 

つまり、損失に対して
どの程度の利益が見込めるかというのが
リスクリワードの比率となります。

 

リスクリワードは1対1以上に保つ

 

FX初心者に限らず、
ベテラントレーダーであっても
リスクリワードは必ず11以上に保つのが
定石とされています。

 

なぜかと言いますと、
リスクリワードが11以下になってしまうと、
勝率が高くても損をするリスクが
高くなってしまう
からです。

 

例えば、
10回トレードして64敗だったとします。

 

このとき、1勝の利益が50pips
1敗の損失が100pipsだったとすると

 

50×6300
100×4400

 

なんと、勝ち越しをしていても
利益が残らないどころか、
100pipsも損失となってしまいます。

 

逆に、リスクリワードを11以上に
保っていたとします。

 

このとき、1勝の利益が100pips
1敗の損失が100pipsだったとすると

100×6600
100×4400

 

勝率が6割もあれば、
確実に利益を残すことができますし、
5
割であっても損失は出ません。
スプレッドは除きます。

 

更に、1勝の利益が100pips
1敗の損失が40pips37敗だったとしても、

100×3300
40×7280

 

なんと、勝率が3割しかなくても
利益を残すことができるのです!

 

初心者の内は勝率が
思ったように伸びません。

 

なので、必ずリスクリワードを11以上
保って、勝率が低くても損失を出さないように
工夫をする必要があるということがわかりますね。

 

リスクリワードを1対1以上に保つ具体的な方法

 

ただ単にリスクリワードを
11以上に保ちましょうと言われても、
おそらく難しいと感じるかも知れません。

 

実は、あるポイントでエントリーをした場合に
損切をするべきポイントと
利確をするべきポイントというのは、
ほぼ決まっているのです

 

 

上の画像の赤のポイントから
ショートエントリーを仕掛けたとします

 

ショートなので、
価格が下落すれば利益、
価格が上昇すれば損失となります。

 

このポイントでショートを狙う場合の
損切ポイントは上の画像の1点だけですね。

 

利確ポイントについても、
有力なポイントは上の画像の1点だけです。

 

ここより下の節目まで利確ポイントを
伸ばそうとするのは、少し確率が低いので
ギャンブルになってしまいます。

 

そうすると、エントリーポイントから
損切ポイントまで90pips離れています。

 

そして利確ポイントまで45pips離れているので、
リスクリワードが11以下になってしまいます。

 

それでは、リスクリワードを11以上に保つためには
どうすれば良いのでしょうか

 

その答えは、
なるべく価格を損切ポイントに引きつけてから
エントリーする
ということになります。

 

 

最初の画像との違いが
わかるでしょうか?

 

最初の画像より、
少し価格が上がってくるまで
引き付けてからショートエントリーを
仕掛けています

 

ここまで引き付けると、
損切ポイントまで60pips
利確ポイントまで75pipsになるため、
リスクリワードが11以上になります。

 

リスクリワードと勝率の関係

 

先程も少し触れたように、
1勝の利益が100pips
1敗の損失が40pipsだったとすると

100×3300
40×7280

 

勝率が3割しかなくても利益を残すことが
できます。

 

この考え方は、
まだまだ勝率が安定しない初心者が
相場で生き残るために重要な考え方
なのです。

 

人間は我が身を焦がさなければ
真剣に考えることができない生き物なので、
勝率が低いということは悪いことではありません

 

初心者の内は、負けトレードを重ねて
反省点を振り返り、自らの手法に磨きをかけて
行く時期でもあります

 

しかし、その時期に資産が枯渇して
相場から退場してしまっては
元も子もありません

 

なので、リスクリワードを11以上に保った
トレードを心がけて、資産をなるべく減らさずに
腕を磨いて行くことが大切なのです。

 

まとめ

 

 

初心者の内の勝率が安定しない時期に
資産を溶かさないためには、
リスクリワードを保つという考え方が重要です。

 

リスクリワードを保ってトレードをすることで
勝率が低くても資産を減らさずに
立ち回ることが可能
です。

 

長く相場に接していくことで、
いずれあなたの腕も磨かれていきます。

 

その頃には勝率も安定していき、
変わらずリスクリワードを保っていると
利益も大きく増えてくることでしょう。

 

初心者の内から、リスクリワードを保って
損小利大となるようなトレードをするように
心がけるようにしてみてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

札幌でFXで稼いでいくために情報発信をしているiNaです。 日中はプログラマーとして働く兼業トレーダーです。 同じように働きながらFXを覚えて副収入を稼いでいきたい人を応援します! トレードスタイルはデイトレード~スイングトレード。 プログラマーのスキルを活かしてEAやインジケーターを自作するのが趣味です。