『バルサラの破産確率表』で自分の手法の破産確率を確かめよう!FXで破産する確率を1%未満に抑える方法とは?

今日のポイント

  • FXで破産しないために、バルサラの破産確率表を使ってみよう
  • 破産確率は1%未満を目指す
  • 破産確率を改善するためにはリスクリワードを意識してトレードする

 

資産を増やしたくてFXを始めたのに、
気がつけば資産を溶かして
破産に追い込まれてしまう。。。

 

優位性のない
間違ったトレード手法を続けてしまうと、
資産を徐々にすり減らしてしまって
いつかは破産・相場から退場となるでしょう。

 

 

あなたは
もちろんそんな事には
なりたくありませんよね?

 

そうならないためには、
自分のトレード手法で破産する確率が
どの程度あるのかを確認する必要があります。

 

『バルサラの破産確率』を使うことで、
自分のトレード手法で破産する確率が
どの程度あるのかがわかるのです。

 

バルサラの破産確率とは、
数学者のナウザー・バルサラが考案した
トレードの破産確率を示す表です。

 

 

自分のトレード手法の勝率と損益比から
破産する確率を導き出すことが出来るのです。

 

今日は、バルサラの破産確率について
使い方と破産確率の改善方法をお伝えしていきます。

 

バルサラの破産確率を計算するために必要な2つの値

 

バルサラの破産確率を計算する前に、
まずは、以下の2つの値を計算しておく
必要があります。

  • 勝率
  • 損益率

 

ひとつずつ見ていきましょう。

 

勝率

 

それではまず、
勝率の計算方法からお伝えしていきます。

 

勝率は、勝トレード数 ÷ 総トレード数で
計算することができます。

 

100回トレードして
50回勝った場合は勝率50%。

 

100回トレードして
60回勝った場合は勝率60%ですね。

 

損益率

 

次に損益率です。

 

損益率は、平均利益( pips ) ÷ 平均損失(pips)で
計算することができます。

 

平均利益は、総利益(pips)÷勝った回数です。
平均損失は、総損失(pips)÷負けた回数ですね。

 

総利益が6,000pipsで
勝った回数が60回だとすると、
平均利益は6,000÷60=100pips

 

なので、平均利益は100pipsとなります。

 

総損失が2,000pipsで
負けた回数が40回だとすると、
平均損失は5,000÷40=50pips

 

なので、平均損益は50pipsとなります。

 

つまり、損益率は100pips÷50pips=2
と、いうことになりますね。

 

バルサラの破産確率表

 

 

それでは、先程計算した数値を使って
バルサラの破産確率表に当てはめてみましょう。

 

下の表がバルサラの破産確率表です。

 

 

表の見方を説明しますと、
列が勝率で行が損益率です。

 

勝率が、
勝トレード数 ÷ 総トレード数

 

損益比は、
平均利益( pips ) ÷ 平均損失(pips)でしたね。

 

勝率50%で損益率が1の場合、
破産する確率は50%になります。

 

 

勝率40%で損益率が2の場合、
破産する確率は16.8%になります。

 

あなたのトレード手法の破産確率は
何%ありましたか?

 

破産する確率を改善するには

 

 

バルサラの破産確率表を使うことで、
自分のトレード手法で破産する確率が
見えてきたと思います。

 

破産確率が限りなく0に近い数値に
なったのであれば、その手法を
使い続ければ利益を重ねていくことができる
ということを意味しています。

 

それでは逆に、
破産確率がそこそこ高めだった場合は
どうでしょうか。

 

その場合は、破産確率を0に近づけるように
手法を改善していかなければなりません

 

理想の破産確率は
1%以下であると言われています。

 

1%以下だと、
バルサラの破産確率表の
0と緑の部分です。

 

そうすると、勝率は50%以上、
損益率は2以上にしなければ
ならないのです。

 

破産する確率を改善する具体例

 

 

それでは、破産する確率を
改善するための具体的な
方法についてお伝えしていきます。

 

破産する確率を改善するには、
勝率は50%以上、
損益率は2以上にするといいました。

 

そのうち、勝率については
初心者のうちに簡単に上げられるもの

…ではありません。

 

簡単に勝率をあげることが
できるならば、
誰も苦労はしませんね。

 

勝率については、
経験を重ねて優位性の高い
トレード方法を身に着けていくしか
ないのです。

 

焦ってはいけません。
こつこつと努力を重ねていきましょう

 

 

では、損益率はどうでしょうか。

損益率については、
初心者のうちでも「あること」を
意識することで、改善可能です。

 

そのあることとは、
リスクリワード比を高く保つことです。

 

リスクリワード比とは、
1回のトレードで想定される
リスク(損失)とリワード(利益)の比ですね。

 

損益率を高くするには、
毎回リスクリワード比を
高く保つことが重要なのです。

 

なぜかと言うと、
リスクリワード比を高く保つことで、
勝率が低くても、利益を残すことができます

 

例えば、1トレードの想定損失が50pips、
想定利益が100pipsだったとします。

 

この場合、10勝10敗であったとすると、
利益:1000pips
損失:500pips
勝率が50%でも、損益率は2ということになります。

 

 

勝率50%で損益率が2だとすると、
バルサラの破産確率表にあてはめると
破産確率は0.9%です。

 

破産確率が0.9%なら
かなり安全なトレードと言えますね。

 

今日のポイント

 

 

それでは、
今日のポイントのおさらいです。

今日のポイント

  • FXで破産しないために、バルサラの破産確率表を使ってみよう
  • 破産確率は1%未満を目指す
  • 破産確率を改善するためにはリスクリワードを意識してトレードする

 

これらをしっかり抑えて、
破産確率の低いトレードを
心がけるようにしましょう。

 

まとめ

 

FXで初心者の内に
しなければならないこと。

 

それは、資産を減らさないということです。

 

資産を減らさなければ、
長く相場に参加し続けることができます

 

初心者が長く相場に
参加し続けられるということは、
長く技術を磨き続けることが
できるということです。

 

技術を磨き続ければ、
いずれ初心者から脱して
中級者・上級者へとステップアップを
果たすことが出来ます。

 

そのためには、
バルサラの破産確率を活用して、
自分の手法をブラッシュアップしていく
必要があるのです。

 

破産確率を改善するためには
リスクリワード比を高く保つことが
重要です。

リスクリワードについてもっと知りたい方は
コチラの記事も参考にしてください。

FX初心者は勝つことよりも資産を減らさないことが重要!破産しないためのリスクリワードの考え方とは?

2019年3月10日

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

札幌でFXで稼いでいくために情報発信をしているiNaです。 日中はプログラマーとして働く兼業トレーダーです。 同じように働きながらFXを覚えて副収入を稼いでいきたい人を応援します! トレードスタイルはデイトレード~スイングトレード。 プログラマーのスキルを活かしてEAやインジケーターを自作するのが趣味です。